マーケット検索

ジャンピン
検索する ジャンピン

新着商品

  • アルミボトル 一陽来福~いいことあるよ~
    2,300円 (税込2,530円)
    ミニトマトン
  • パロディ 一陽来福~いいことあるよ~
    2,300円 (税込2,530円)
    ミニトマトン
  • くまのポピー アクリルキーホルダー 4×4cm
    1,100円 (税込1,210円)
    moony
  • 2,700円 (税込2,970円)
    ミルフィーユ
  • skydialy_09
    2,180円 (税込2,398円)
    ミルフィーユ
  • skydialy_09
    2,300円 (税込2,530円)
    ミルフィーユ
  • Noh performance 001 (レディース)
    2,700円 (税込2,970円)
    JFTA
  • ASPIRE Running Lady 001
    2,900円 (税込3,190円)
    ASPIRE

簡単に、無料で販売できる!面倒な作業はUp-Tが行います。

Up-Tなら誰でも簡単に在庫なしでグッズを販売できます!!
Up-Tでは、オリジナルデザインのTシャツから、スマホケース、雑貨など約1000種類近くのアイテムを揃え
サイズや、色の選択を合わせると10万近くの種類のアイテムを販売することができます。

banner-pc-2

Up-Tでは一般の個人のお客様から、芸能事務所のタレント、インフルエンサー様まで様々な方が販売者として活躍しています。

弊社では、販売者をクリエーターと呼んでおりますが、
クリエーター様は、オリジナルのデザインを考え、作成したものをUp-Tに入稿するだけでOKです。
顧客対応や在庫管理、発送作業まで全てUp-Tが行います。
クリエーターが販売したデザインのグッズが売れたら、クリエーター自身に報酬が入ります。
報酬は毎月末締めで翌月に自動的にプロフィール設定時に登録された口座に振り込まれます。

誰でも簡単に、手軽にネットのグッズ販売を行うことができます。
あなたも、Up-Tでグッズを販売してみましょう!!!

マーケットショップの開き方

Up-Tマーケットショップは最も簡単なショップの開き方です。

STEP
1
会員登録&ログイン
1
サイト上部のログインボタンをクリック。

ログイン画面に遷移したら新規会員登録&ログインをします。
会員登録はSNSアカウントでもできるので簡単に登録を完了することができます。

img-ds-4
STEP
2
MYデザインから販売用アイテムを作成する 1
1
ユーザー名のメニューをクリック。
2
MYデザインを選択
img-ds-4
STEP
3
MYデザインから販売用アイテムを作成する 2
1
「販売用アイテムを出品する」をクリック
img-ds-4
STEP
4
MYデザインから販売用アイテムを作成する 3
デザインツールでデザインしよう!

デザインツールでは販売したいアイテムや、カラーを選んで、自由にテキスト入力やスタンプ、筆などでデザインを行う事ができます。

豊富な機能で自由にデザイン

  • 画像アップロード
  • テキスト入力
  • スタンプ
  • レイヤー機能
  • 刺繍モード
  • テンプレート機能
1
MYデザインから販売用アイテムを作成する 3
img-ds-4
STEP
5
マーケット販売設定
販売するアイテムの設定を行います

Up-Tマーケットで販売するグッズの価格設定や商品名の設定を行いましょう。

これでマーケットの販売設定は完了です。
MYデザインからご自分のマーケットページをご確認ください。

img-ds-4
STEP
6
ログイン後、会員名をクリックして、「MYデザイン」をクリックしてください
1
サイト上部のログインボタンをクリック。

ログイン画面に遷移したら新規会員登録&ログインをします。
会員登録はSNSアカウントでもできるので簡単に登録を完了することができます。

img-ds-4

独自ドメインを使ったオリジナルショップやBASEのストアとの連携機能も!!

Up-Tでは、原価が日本一安い、独自ドメインでご自分のオリジナルショップを持てるオリジナルショップ機能とBASEのストアと連携してBASEで販売したものをUp-Tの仕入れとして使えるBASE連携機能がございます。

オリジナルショップでは、独自ドメインでの販売となるため、Up-Tという名前が一切出てこないので、原価がお客様にわかることはありません。よって、しっかりと販売したい人向けの機能となります。

BASE連携は、ショップデザインにこだわりたい方向けの機能で、BASEで販売したものをUp-Tで自動連係でき、仕入れることができる機能となります。

どちらも便利な機能ですので、ぜひ、ご確認ください。

link to top