マルガレータ・ドゥダのオリジナルTシャツ

軽量Tシャツ

2,000 円
異議申し立て
マルガレータ・ドゥダのオリジナルTシャツ: マルガレータ・ドゥダ(Margareta Duda, 1949年3月26日 ローザンヌ - )は、ルーマニアの実業家。同国最後の国王ミハイ1世の長女。結婚前の姓名はマルガレータ・ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン(Margareta Hohenzollern-Sigmaringen)。一般にはマルガレータ王女(Principesă Margareta a României)の呼び名で知られている。ミハイ1世とその妻でブルボン=パルマ公子ルネの娘であるアンヌの間の第1子、長女として生まれた。父は1947年に王位を追われており、4人の妹たちと一緒に両親の亡命先であるスイス、イギリスで育った。エディンバラ大学で政治学と自然科学を学んだ。大学時代、後にイギリス首相となるゴードン・ブラウンと交際していたこともある。大学卒業後はイギリスの各大学で社会学の教員として働いたり、世界保健機関(WHO)と提携する国際調査研究センターで働いた。1983年にはローマに移って国際連合食糧農業機関(FAO)で、1986年からは国際農業開発基金(IFAD)で働いた。1989年に国連職員としてのキャリアを辞してジュネーヴに移り、父が主導するルーマニア義捐金(Charity for Romania)の活動に参加した。1990年2月、ブカレストのアンリ・コアンダ国際空港において、ルーマニアの教会関係の文化財を手荷物の中に忍ばせて国外に持ち出そうとしたとして、出国を阻止されている。2004年、経済面の主な後援者であるBAEシステムズからの違法な献金疑惑がかけられた。マルガレータは同社の軍事兵器をルーマニア政府に斡旋する見返りとして、700万ドルを受け取ったとされている。1996年9月21日、ローザンヌにおいて11歳年下のルーマニア人実業家ラドゥ・ドゥダ(Radu Duda, 1960年 - )と結婚した。夫は1997年1月1日にホーエンツォレルン侯家家長フリードリヒ・ヴィルヘルムより「ホーエンツォレルン=フェリンゲン侯子(Prinz von Hohenzollern-Veringen)」の称号を、2005年12月30日に義父ミハイ1世より「ルーマニア王子(Principe al României)」の称号を名乗ることを認められた。2007年12月30日のルーマニア王家家内法の改定により、マルガレータは父ミハイ1世の王位継承者に指名され、ルーマニア王家の家督相続者となった。これ以降は「ルーマニア王太子(Principesa Moștenitoare a României)」と名乗っている。夫との間に子供が無いため、すぐ下の妹エレナ(Elena McAteer, 1950年 - )の長男ニコラス・メドフォース=ミルズ(Nicholas Medforth-Mills, 1985年 - )が次世代の後継者になると考えられている。
もっと見る
カラー
サイズ

本日6月19日ご購入で6月24日に発送致します

プロフィール

このデザイナーの他の作品をみる

一般うさぎたま

面白Tシャツ制作しておりますうさぎたまです。
ギャグTシャツ等気に入ったら買ってみて下さい。

読み込み中
link to top