• Up-T TOP
  • バルコニー・エドゥアール・マネ

バルコニー・エドゥアール・マネ

AQUOS ZETA(SH-01H)

デザイン
二次創作不可
アイテムを
変更する

1,520 円
異議申し立て
印象派の先駆者エドゥアール・マネの代表作のひとつ『バルコニー』。ロマン主義の巨匠で近代絵画の創始者のひとりとして知られるフランシスコ・デ・ゴヤの『バルコニーのマハたち』との関連性が指摘される本作は1869年のサロンで展示された作品で、当時は「現代の生活を、ただ描いただけの絵」、「画布に絵具を塗っただけの平面的な絵」として批難を受けた。本作の登場人物は、一番手前で椅子に座る女性が印象派の女流画家でマネの弟ウジェーヌと結婚したベルト・モリゾ、隣に立つ日傘を持った女性がヴァイオリニストのファニー・クラウス、その後ろのネクタイの紳士は印象派を支持していた風景画家アントワーヌ・ギュメ、奥の部屋の影に溶け込んでるように描かれる帽子の男(給仕)は画家の息子レオン・レーンホフなど、画家の親しい友人や知人をモデルに描かれており、画家とその周辺の者との繋がりを示す作品でもある。真正面から捉えられる本作の画面構成は部屋の奥行きを、陰影など古典的描写を逸脱した平面的かつ装飾的に描かれる光の描写は衣服や物体の立体感を失わせ、パリ街を傍観し、観る者と視線が交わらない無感情な人物描写は画面の中にある種の緊張感を生み出している。このような手法はマネの絵画における空間構成の疑念と、アカデミックで伝統的な絵画芸術に対する挑戦の表れであり、画家の絵画的思想の特長を良く示す作例のひとつとしても重要視されている。
もっと見る
カラー
サイズ
誰でも
カンタン
play 自分でもデザインしてみる
あなたの商品、いま注文したらいつ発送

あなたの商品、いま注文したらいつ発送? 本日12月6日ご購入で、「12月10日」に発送致します。

play 詳細はこちら

プロフィール

このデザイナーの他の作品をみる

公式Up-T公式アカウント

Up-Tの公式アカウントです。
Up-Tオリジナルアイテムを販売しています。

読み込み中
link to top