ミュシャのオリジナルTシャツ

  • 無料で作って、売って、買える
    WEBで簡単オリジナルTシャツ作成 Up-T
  • TEL 0120864321

ミュシャのオリジナルTシャツ

定番Tシャツ

デザイン
二次創作不可
アイテムを
変更する

2,500 円
異議申し立て
ミュシャのオリジナルTシャツ

アルフォンス・マリア・ミュシャ(Alfons Maria Mucha, アルフォンス・マリア・ムハ、1860年7月24日 - 1939年7月14日)は、アール・ヌーヴォーを代表するグラフィックデザイナー。
多くのポスター、装飾パネル、カレンダー等を制作した。ミュシャの作品は星、宝石、花などの様々な概念を女性の姿を用いて表現するスタイルと、華麗な曲線を多用したデザインが特徴である。イラストレーションとデザインの代表作として『ジスモンダ』『黄道12宮』『4芸術』などが、絵画の代表作として20枚から成る連作『スラヴ叙事詩(チェコ語版、英語版)』が挙げられる。
パリでの初期苦闘時代、ミュシャは雑誌の挿絵によって生計を立てていたが、次第に認められ、パリの大出版社、アルマン・コランの挿画家として活躍するようになる。東洋的な情景をドラマチックに描き、高い評価を得た「白い象の伝説」、33点の木版画が挿入され、挿画家としての名声を高めた「ドイツ歴史の諸場面とエピソード」も、同社から出版された作品である。
商業的に成功をおさめ、財政的な心配のなくなったミュシャは1910年、故国であるチェコに帰国し、20点の絵画から成る連作「スラヴ叙事詩(チェコ語版、英語版)」を制作する。この一連の作品はスラヴ語派の諸言語を話す人々が古代は統一民族であったという近代の空想「汎スラヴ主義」を基にしたもので、この空想上の民族「スラヴ民族」の想像上の歴史を描いたものである。スメタナの組曲『わが祖国』を聴いたことで、構想を抱いたといわれ、完成まで20年を要している。
もっと見る
カラー
サイズ

本日6月29日ご購入で7月3日に配送致します

プロフィール

このデザイナーの他の作品をみる

一般MOMO

3営業日出荷

本日6月29日ご購入で
7月3日に配送致します

総アイテム数

1029324

人気のクリエイターを探す
日本オリジナルTシャツ協会
読み込み中