三国志武将 陳宮のオリジナルTシャツ

  • 無料で作って、売って、買える
    WEBで簡単オリジナルTシャツ作成 Up-T
  • TEL 0120864321

三国志武将 陳宮のオリジナルTシャツ

定番Tシャツ

デザイン
二次創作不可
アイテムを
変更する

本日1月24日ご購入で1月26日に配送致します


2,900 円
異議申し立て
三国志武将 陳宮のオリジナルTシャツ

陳 宮(ちん きゅう、? - 建安3年(198年))は、中国後漢時代末期の武将。字は公台。兗州東郡武陽県(山東省と河南省の境目)の人。
勇敢で信念を曲げない人柄であり、地元の顔役として若くして多くの名士達と交友を結んだ。
天下が動乱の時代に入ると、まず曹操に仕えた。初平3年(192年)、兗州刺史劉岱が黄巾軍に敗れて戦死すると、「覇王の業」のために兗州を傘下に治めるよう曹操に進言した。曹操の同意を得た陳宮は、先行して兗州に赴き、別駕や治中などを説得して回った。この結果、済北の相鮑信らが陳宮の意見に賛同したため、曹操を兗州牧に迎えることができた。
張邈らが呂布を迎え入れて曹操に反乱を起こすと、兗州の郡県のほとんどが反乱側に付き、曹操に味方したのは鄄城・范・東阿だけであった。この3城は荀彧・程昱・夏侯惇・曹洪・棗祗らが守り抜いた。陳宮は自ら軍を率いて東阿を攻撃したが、程昱が倉亭津の渡しを断ち切ったので行軍が遅れた。このために東阿の防備が固まってしまい、攻撃が失敗した。
興平2年(195年)、曹操は兗州へ再度戻り、呂布軍の薛蘭・李封を鉅野で撃破し、これらをすべて斬った。陳宮は呂布に従い、東緡へ出撃して曹操軍を攻撃したが、曹操軍の伏兵に遭って敗北した。その後も呂布軍は曹操軍の前に敗北を重ね、ついに陳宮は呂布とともに兗州から逃走し、徐州の劉備を頼って落ち延びた。
建安3年(198年)冬、曹操が彭城まで攻め寄せてくると、陳宮は呂布に対し直ちにこれを攻撃するよう進言した。しかし、呂布は曹操軍が下邳まで攻め寄せてくるのを待つとして、これを容れなかった。
陳宮は、局面を打開しようと呂布に献策するなどしたが、採用されることはなかった。同年末、呂布の縁戚である魏続・侯成・宋憲らが反乱を起こし、陳宮を捕縛して曹操に寝返った。これにより呂布も戦意を喪失し、曹操に降伏した。
曹操が面前に引き立てられた陳宮に「なぜこのようなことになったのか」と問うと、陳宮は呂布を指して「この男が私の言うことを聞かなかったために、こうなったのだ」と答えた。さらに曹操が「老母や娘をどうするつもりか」と尋ねると、陳宮は「天下を治める者は人の親を殺したり、祭祀を途絶えさせたりしないものだ。母の生死は貴方の手中にあり、私にはない」と言った。このため曹操は、涙ながらに刑場に向かう陳宮を見送った。しかし陳宮は振り向かなかったという。こうして呂布・高順らと共に絞殺され、許の市において晒し首にされた。曹操は彼の老母ら家族を引き取って厚遇し、娘も嫁ぐまで面倒を看た。
もっと見る
カラー
サイズ
Tags: 陳宮三国志歴史中国武将

プロフィール

このデザイナーの他の作品をみる

一般kou

3営業日出荷

本日1月24日ご購入で
1月26日に配送致します

総アイテム数

1029324

人気のクリエイターを探す
日本オリジナルTシャツ協会
読み込み中