最上徳内のオリジナルTシャツ

  • 無料で作って、売って、買える
    WEBで簡単オリジナルTシャツ作成 Up-T
  • TEL 0120864321

最上徳内のオリジナルTシャツ

定番Tシャツ

デザイン
二次創作不可
アイテムを
変更する

本日2月24日ご購入で2月28日に配送致します


2,500 円
異議申し立て
最上徳内のオリジナルTシャツ

最上 徳内(もがみ とくない、宝暦4年(1754年) - 天保7年9月5日(1836年10月14日))は、江戸時代中後期の探検家であり江戸幕府普請役。出羽国村山郡楯岡村(現在の山形県村山市楯岡)出身。元の姓は高宮(たかみや、略して高(こう)とも)。諱は常矩(つねのり)。幼名は元吉。通称は徳内、億内。字は子員。鶯谷、甑山、白虹斎と号した。 父は間兵衛で長男。妻はふで(秀子)、子は2男3女。
実家は貧しい普通の農家であったが、学問を志して長男であるにもかかわらず家を弟たちに任せて奉公の身の上となり、奉公先で学問を積んだ後に師の代理として下人扱いで幕府の蝦夷地(北海道)調査に随行、後に商家の婿となり、さらに幕府政争と蝦夷地情勢の不安定から、一旦は罪人として受牢しながら後に同地の専門家として幕府に取り立てられて武士になるという、身分制度に厳しい江戸時代には珍しい立身出世を果たした(身分の上下動を経験した)人物でもある。
著作に『蝦夷草紙』、アイヌの生活を記した『渡島筆記』などがある。またアイヌ語の辞典である『蝦夷方言藻汐草』の編纂にもかかわった。
もっと見る
カラー
サイズ

プロフィール

このデザイナーの他の作品をみる

一般kou

3営業日出荷

本日2月24日ご購入で
2月28日に配送致します

総アイテム数

1029324

人気のクリエイターを探す
日本オリジナルTシャツ協会
読み込み中