与謝蕪村の猫画のオリジナルTシャツ

  • 無料で作って、売って、買える
    WEBで簡単オリジナルTシャツ作成 Up-T
  • TEL 0120864321

与謝蕪村の猫画のオリジナルTシャツ

定番Tシャツ

デザイン
二次創作不可
アイテムを
変更する

2,900 円
異議申し立て
与謝蕪村の猫画のオリジナルTシャツ

与謝 蕪村(よさ ぶそん、享保元年(1716年) - 天明3年12月25日(1784年1月17日))は、江戸時代中期の日本の俳人、画家。
本姓は谷口、あるいは谷。「蕪村」は号で、名は信章。通称寅。「蕪村」とは中国の詩人陶淵明の詩「帰去来辞」に由来すると考えられている。俳号は蕪村以外では「宰鳥」、「夜半亭(二世)」があり、画号は「春星」、「謝寅(しゃいん)」など複数ある。
松尾芭蕉、小林一茶と並び称される江戸俳諧の巨匠の一人であり、江戸俳諧中興の祖といわれる。また、俳画の創始者でもある。写実的で絵画的な発句を得意とした。
独創性を失った当時の俳諧を憂い『蕉風回帰』を唱え、絵画用語である『離俗論』を句に適用した天明調の俳諧を確立させた中心的な人物である。

蕪村の俳句
春の海 終日のたりのたり哉
柳散り清水涸れ石処々
鳥羽殿へ五六騎いそぐ野分かな
花いばら故郷の路に似たるかな
不二ひとつうづみのこして若葉かな
牡丹散りて打かさなりぬ二三片
夏河を越すうれしさよ手に草履
ゆく春やおもたき琵琶の抱心
易水にねぶか流るゝ寒かな
月天心貧しき町を通りけり
もっと見る
カラー
サイズ
Tags: 与謝蕪村江戸時代和風日本

本日4月26日ご購入で4月28日に配送致します

3営業日出荷

本日4月26日ご購入で
4月28日に配送致します

総アイテム数

1029324

人気のクリエイターを探す
日本オリジナルTシャツ協会
読み込み中