石田三成のオリジナルトートバッグ

  • 無料で作って、売って、買える
    WEBで簡単オリジナルTシャツ作成 Up-T
  • TEL 0120864321

石田三成のオリジナルトートバッグ

トートバッグ

デザイン
二次創作不可
アイテムを
変更する

本日1月23日ご購入で1月25日に配送致します


2,000 円
異議申し立て
石田三成は永禄3年石田正継の次男として近江国坂田郡石田村で生まれる。幼名は佐吉。豊臣秀吉が織田信長に仕えて
近江長浜城主となった天正2年頃から、父・正継、兄・正澄と共に秀吉に仕官し、自身は小姓として仕える。
秀吉が信長の命令で中国攻めの総司令官として中国地方に赴いたとき、これに従軍した。
天正10年6月、信長が本能寺の変により横死し、次の天下人として秀吉が台頭すると、三成も秀吉の側近として次第に台頭してゆく。
天正13年7月11日、秀吉の関白就任に伴い、従五位下治部少輔に叙任される。九州平定後、博多奉行を命じられ、復興に従事した。
文禄元年からの文禄の役では渡海し、増田長盛や大谷吉継とともに漢城に駐留して朝鮮出兵の総奉行を務める。
慶長元年、佐和山領内に十三ヶ条掟書、九ヶ条掟書を出す。明の講和使節を接待。慶長2年、慶長の役が始まると国内で後方支援に活躍した。
同年9月15日、関ヶ原の戦い。兵力では倍以上の敵に幾度と無く攻め立てられたが、高所という地の利と島左近・蒲生頼郷・舞兵庫らの奮戦もあって持ちこたえた。
しかし西軍全体では戦意の低い部隊が多く、次第に不利となり、最終的には西軍は総崩れとなり、三成は戦場から逃走して伊吹山に逃れた。
10月1日、家康の命により六条河原で斬首された。享年41。辞世は「筑摩江や 芦間に灯す かがり火と ともに消えゆく 我が身なりけり」。
もっと見る
カラー
サイズ
Tags: 石田三成戦国時代武将和風歴史

3営業日出荷

本日1月23日ご購入で
1月25日に配送致します

総アイテム数

1029324

人気のクリエイターを探す
日本オリジナルTシャツ協会
読み込み中